融資限度額の増額はできる?

融資限度額の増額はできる?

できれば借入残高は増やしたくはありませんが、やむに已まれず増やさなくてはならない状況でなおかつ融資限度額を超えてしまう場合があります。
その時には改めて別の消費者金融に申し込みをするのではなく、増額の申請を先に検討しましょう。
借り入れ先を増やすことは危険です。
また新たに大きな融資限度額が決定すればその金額を使い込んでしまうことも予想されます。
それが多重債務の第一歩と思わなくてはなりません。
借り入れ先は複数にはしないこと、それはキャッシングをするときの基本の形であるとして覚えておきましょう。

 

消費者金融では新規契約の時に決められた融資限度額があります。
それは申込書に記入された内容(返済能力を調べる属性スコアリング)と、個人信用情報機関への照会(過去の債務からみる信用力)を元にして決められたいわゆる「貸付をしても返済が可能な金額の上限」です。
それ以上の借り入れを希望する増額となれば、新たに審査が行われます。
消費者金融の利用を続けているとメールや電話で増額のお知らせが届くことがあります。
これも即座に増額が決定するわけではなく、増額ができる可能性があるため審査を受けませんかというお知らせにすぎません。
いずれの場合でも、増額をするときにはまた審査をして、改めてその金額での契約をしなくてはなりません。

 

新規申し込みの審査と増額の審査では異なります。
増額の審査で最も重要となるのはそれまでの取引実績です。
取引実績とは借り入れ状況、返済状況のことを指しています。

 

「借り入れ状況」
借り入れが無ければいいというものでもありません。
しかし借り入れの頻度が高ければ自転車操業を連想させてしまいます。
一つは、返済額が用意できず返済日近辺になると借り入れをするという場合です。
これは返済を借り入れによって賄っている可能性を示しています。
もう一つは、借り入れの頻度が単純に多いことです。
これは借り入れの管理ができておらずいずれ返済できない状況になることを示しています。
審査には通りにくい状況です。

 

「返済状況」
当然、最低限のルールとして確実な返済が挙げられます。
しかし上記でもご説明したとおり単に返済があればいいというものでもなく、借り入れによって返済を賄っていることが推測される状況であればマイナスです。
計画を持った返済が行われていることは大前提になっていると覚えておきましょう。
また返済の遅れが一度でもあればそれもマイナスです。
一般的には返済実績は半年積まなければならないとされています。
そのため、返済の遅れがあればそこから数えて半年は返済を確実に行う実績を積まなければならないということです。

 

増額はいきなり大きな金額が決定するということはありません。
総量規制で決められた収入証明書提出のラインである1社からの借り入れ金額50万円の範囲までは比較的難しい審査ではない、ともされています。
そして増額の金額も一度に10万円ずつになる傾向があります。
借り入れをして賄う金額は必要最低限にとどめておくこと、これはどのような状況にあったとしても自分に対してのルールとしておかなくてはなりません。