利息はどのように計算されているの?

利息はどのように計算されているの?

お金を消費者金融や銀行カードローンなどで借り入れをするとき、必ず利息が加算されます。
その利息の計算方法は共通です。

 

金利を比較する、よく聞く言葉ではありますがそれは利息のためです。
しかし利息は金利だけで決まるのかといえばそうではありません。
場合によっては金利の比較以上に、利息に大きな影響を与えるものもあります。
金利とはそもそもなんでしょうか。
借入残高に対して年間でかかる利息の割合です。
18.0%の金利であれば単純計算で100万円を借りれば1年後には18万円の利息がついていることになります。
しかしそうはいかないのは利息の計算方法があるからであり、借入残高によって決まることも重要です。
まずは利息の計算方法をみてみましょう。

 

借入残高×金利×年間日数÷利用日数

 

年間日数は変えることができないものの、借入残高、金利、利用日数は変えることができます。
これらによって利息が計算されているため一つの項目でも抑えることができれば利息に大きな影響を与えることになります。
それでは一つ一つの項目について節約するための方法を確認してみましょう。

 

「借入残高を節約する方法」
必要最低限に抑えること、これにつきます。
例えば6千円が必要なとき、1万円を借り入れる必要はないということです。
単純なことのようにも感じますが、融資限度額が用意されているため借り入れがいつでもできる状況にあります。
借り入れ余裕額がそこにあれば本来であれば6千円で済む借り入れでも1万円を引きだしてしまうことは容易に想像がつくものです。
消費者金融での借り入れは千円単位で行うことができます。
いつでも必要最低限にとどめておくことを忘れないようにしましょう。
また、借り入れの頻度にも気をつけましょう。
本当に必要な時だけの借り入れ、これも忘れることはできません。
毎月の返済額を多く用意し、元金をより多く返済できればそれだけ借入残高も少なくなります。
返済をするたびに借入残高の減り具合を確認するなど常に気をつけるようにしましょう。

 

「金利を節約する方法」
唯一利用中ではなく利用前でしか考えるチャンスがない項目です。
消費者金融はたとえ大手であってもどのようなタイミングで金利が引き下げになるのか公表がされていません。
そのため上限金利が適用されるとして考えていかなくてはなりません。
大手消費者金融なら金利は18.0%、プロミスだけが唯一17.8%です。
一般的な消費者金融では上限金利が20.0%になります。
『金利の上限が利息制限法で決まる?』でもご説明しましたが借入残高が10万円未満であれば上限金利18.0%が得になりますが、10万円を超える借り入れの時には利息制限法に基づいて上限金利は18.0%になります。
また短期間での返済が可能であればプロミスやアコムの30日間無利息を考えるのも良い案でしょう。
30日間は借入残高に対してかかる金利が0%になります。
30日以内に完済ができる金額であればどこよりも有効に活用ができるでしょう。
ただし、無利息サービス終了後には通常金利が加算されますので返済回数には気をつけなくてはなりません。

 

「利用日数を節約する方法」
実は金利よりも利息に影響する項目です。
利息の計算式をみてもわかるように、利息は一日分の利息に利用日数を掛けることで計算されています。
逆に考えると、一日分の利息を何日分支払うのかによって決まるわけです。
一日分の利息が100円であれば、30日の利用で利息が3,000円となりますが1週間で返済ができれば700円の利息で済みます。
まずは一日分の利息が先に計算されること、これを覚えておくことで利用日数の重要性がわかるでしょう。
返済日を待たずに前倒しで返済をすることで利用日数を節約することができます。