もし返済が遅れてしまったら?

もし返済が遅れてしまったら?

もし返済が遅れるようなことがあれば必ず利用している消費者金融に連絡をしましょう。
連絡をすることとしないことでは信用に大きな違いが出てきます。
場合によっては融資限度額の枠の引き下げとなる事態にもなりかねません。
例え1日の遅れであっても返済が遅れるとわかった時点で連絡をしなければなりません。
消費者金融によっては返済日の変更ができることがあります。
毎月の返済期日を変更するのではなく遅れる今回だけ返済日を変更するという方法です。
遅延損害金は発生するものの、確実に返済ができる日を伝えましょう。

 

遅延損害金とは返済が遅れた翌日から加算されるものです。
多くの消費者金融で遅延損害金利は20.0%として設定されており、借入残高に対してかかることになります。
通常の利息と同じように計算されています。
一日ごとに加算されていきますので返済が遅れれば遅れるほどのちに支払う金額は大きくなり、返済のチャンスを失うことになりかねません。
出来る限り返済日には返済をする、この最低限のルールは守っておきましょう。

 

これらはあくまでも数日程度返済が遅れたときの対処法です。
もし、そもそも返済額が用意できないほどの状況になっているとしたら対処法は異なります。
状況は2つ考えられます。
一つは、借り入れ先が複数に増えてしまったこと。
もう一つは、収入の減少などにより返済が困難になってしまったこと。
それぞれによって対処法が異なりますので確認をしていきましょう。

 

「借り入れ先が複数になっている場合」
状況が混乱しているだけということもあります。
返済が困難になっているとしても毎月それぞれの返済額が用意できているのであれば借金をまとめることによって返済がしやすい状況を作り出すことができます。
いわゆるおまとめローン、借金の一本化です。
消費者金融でも総量規制に基づくおまとめローンとして、他社からの借り入れ金額を一つの消費者金融にまとめるプランを用意しています。
借り入れ金額を合算することで100万円以上になれば利息制限法に基づいて金利の上限が15.0%になります。
金利が下がるとそれに対してかかっている利息も抑えられ、返済総額も変わります。
銀行カードローンはおまとめローンの用意はありませんが、カードローンの資金使途は自由となっておりその範囲でおまとめに利用することもできます。
そもそもの金利が消費者金融よりも低いためおまとめには適しているものではありますが、銀行カードローンとしての審査が行われるため借り入れ件数が多くなればそれだけ審査には不利になります。
返済ができないのではなく、毎月の返済がいくつもありそれぞれに対しての返済が手間であり混乱しているというのであればまずは借金をまとめることから考えましょう。

 

「返済額が用意できなくなっている場合」
収入が減った、病気やけがで今後の返済が難しい、そのような状況になることも考えられます。
どうしても返済ができないのであれば放置するのではなく債務整理を行うことも考えましょう。
債務整理とは任意整理や民事再生などによって借金を減額する方法、もしくは自己破産によって借金を帳消しにする方法があります。
もちろん借金が一切なくなる自己破産にはそれなりにリスクが高くなっており手放さなければならない財産も、一定の職業には就けないなどの条件があります。
返済に困窮している方にとっては救済措置となる債務整理ではありますが貸した側にとっては大きな赤字です。
法律の名のもとに一方的に借金の形を変えられる債務整理は、個人信用情報機関に金融事故として記録され、その情報が掲載されている5年から10年の間は新しい借り入れはもとより、クレジットカードの契約も、携帯電話の分割契約もできないことは覚えておかなくてはなりません。