どんな返済方法がベスト?

どんな返済方法がベスト?

サービスが充実していることが消費者金融の最大の特徴でもあります。
またキャッシングの基本は返済をすることでもあります。
つまり返済をするための方法が充実している消費者金融で、どのような返済方法がベストになるのかを考えてみましょう。

 

消費者金融には返済をするための方法が豊富にあります。
・口座引き落とし
・店頭窓口からの返済
・専用ATMからの返済
・提携コンビニATMからの返済
・コンビニ返済
・インターネット返済
・銀行振り込み

 

ベストな返済方法を考えるためにはまず、返済額について知っておかなくてはなりません。
返済額の内訳は元金と利息です。
『利息はどのように計算されているの?』でもお伝えしましたが一日分の利息が決まり、その利息を何日分支払うかによって利息は変わります。
計算された利息が先に決まり、返済額をいくら用意するかによって元金充当額が異なってきます。
つまり、利息が3,000円と先に決まれば5,000円を返済額としたときには元金充当額は2,000円になります。
もし返済額を10,000円用意することができれば元金充当額は7,000円となるわけです。
利用日数を考えた返済をしなくてはなりません。
元金充当額を考えた返済をしなくてはなりません。
利息をいくら支払ったところで元金に充当されることはありませんので、余計に支払うだけ無駄な出費です。
前倒しにしてでも返済をしていくことを心がけなくてはなりません。
しかし返済が遅れるようなことがあっても危険です。
そのため毎月確実な返済にするために基本の返済方法として「口座引き落とし」を選択しましょう。
その他にその消費者金融が用意している手数料無料の返済方法を使って返済日以外にも余裕があるときには返済をしていくと利用日数が少なくなり元金充当額が増えていきます。
「口座引き落とし」と「手数料無料の返済方法」を併用すること、これが基本の返済の形になることを覚えておきましょう。

 

それでは各返済方法についてご説明していきましょう。

 

「口座引き落とし(手数料無料)」
契約時に決める毎月の返済日に口座から自動的に返済金額が引き落とされます。
口座残高にさえ気をつけることができていれば確実な返済方法です。
ただし最低返済額だけの引き落としになることが多くなっていますので利息を考えた返済ではなくあくまでも忘れることのないよう確実に返済をするためのものとして考えましょう。
消費者金融では基本的にどこの銀行口座でも口座引き落としに対応していますが、銀行グループの子会社であったり銀行カードローンであれば口座引き落としに対応している銀行には限りがあることもありあますので確認をしましょう。

 

「店頭窓口からの返済(手数料無料)」
実店舗は各消費者金融でも数は多くありませんが、窓口でも返済をすることができます。
平日の限られた時間だけの営業となり土日祝日は休業日であることも多いため確認をしなくてはなりません。

 

「専用ATMからの返済(手数料無料)」
自動契約機に併設されている専用ATMは24時間営業であることもあり、またそうではなかったとしても営業時間が長くとられています。
近くにあるとは限らないものではありますが専用ATMのメリットは詳細な明細書が発行されることにあります。
今回の返済額、その内訳や適用金利など非常に細かな現在の状況が確認できるため、利用明細書目的で専用ATMを活用する方も多くいます。

 

「提携コンビニATMからの返済(手数料有料)」
コンビニに設置されているATMは提携コンビニATMとして使われています。
わざわざ出向かなければならないというよりは通勤の途中で、買い物の途中でと何かしら立ち寄る機会の多い場所でもあります。
コンビニという特性上24時間365日利用可能です。
そのためコンビニにあるATMを使って返済ができることは非常に便利ではありますが利用するには手数料がかかります。
1万円以下の返済で108円、1万円超の返済で216円のATM利用手数料がかかります。
せっかく積極的に返済をしようと思ってもそこにかかるATM利用手数料が金利を上回ることさえ考えられます。

 

「コンビニ返済(手数料無料)」
限られた消費者金融、例えばプロミスで利用ができる返済方法です。
同じコンビニであっても利用手数料がかかるATMからの返済ではなくマルチメディア端末機から返済の手続きを行い発行されたレシートを持ってレジで精算する方法です。
提携コンビニATMと比べるとひと手間多くはなるものの、同じコンビニ内で手数料が有料になるものと無料になるものがあるのであればどちらを選択するのかは考えなくてはなりません。

 

「インターネット返済(手数料無料)」
会員ページからインターネット返済を行う方法です。
インターネットバンキングからの返済となりますが24時間いつ返済をしても反映される消費者金融が多くなっていますので気が付いたときに、余裕があるときには自由に返済ができる方法です。

 

「銀行振り込み(手数料有料)」
返済方法の中でもあまり使われないのが銀行振込です。
銀行口座から銀行口座への振り込みになりますので自分が利用する銀行の規定の振込手数料がかかります。
営業時間外であったりカードからではなく現金での取り扱いだったりと悪条件が重なれば1,000円近い振込手数料を支払うこともあります。
無駄な出費を抑えたいときには銀行振込以外の選択肢を考えるとよいでしょう。