消費者金融利用中の不安

消費者金融利用中の不安

消費者金融を利用中にも不安が出てくるはずです。
いつになったから完済できるのか、それが一番大きなものとなるでしょう。

 

消費者金融を含め、銀行カードローンやクレジットカードのキャッシングなど少額融資を受けている方は非常に多くいます。
キャッシングが利用できる年齢の範囲だけで見ると4人に1人が利用している時代です。
消費者金融を利用する前にはテレビで流れる消費者金融のCMが目についていたことでしょう。
ところが不思議なことに利用をしているときには同じテレビCMでも債務整理や多重債務などの弁護士事務所のCMばかりが目につくようになるものです。
安全を主張する消費者金融と、債務の混乱を救済するという弁護士事務所、本当に消費者金融は大丈夫なのでしょうか。

 

多重債務は遠い問題ではありません。
計画性のない利用をしていれば誰しもが多重債務に陥る可能性があります。
消費者金融、銀行カードローン、クレジットカードでのキャッシングなど、お金を借り入れたときから多重債務の可能性が発生しているのです。
多重債務とは複数の借り入れがありそれによって困窮している場合を指しています。
いくつかの借り入れ先があったとしても計画的に返済ができているのであればそれは多重債務とは呼ばれていません。
実は現在日本で多重債務に陥っている方は200万人以上といわれています。
非常に深刻な問題です。
また、多重債務に陥っているかどうかは別としても3か月以上の返済の遅延となっている方も多く460万人です。
消費者金融を健全に利用するための措置として貸金業法が改正されました。
それと同時に総量規制が誕生し、個人の借り入れ金額は年収の3分の1までに制限されています。
しかし、年収の3分の1に抑えられるのであれば多重債務には陥らないというわけではありません。
300万円の収入があれば総量規制の上限金額は100万円です。
現在の消費者金融での融資限度額は平均して15万円から20万円となっていますので5社程度からの借り入れがあって初めて総量規制の上限に達するでしょう。
そう考えると多重債務に陥る可能性が十分にある範囲でしょう。

 

消費者金融を利用中には借り入れにも返済にもよく考えた方法を取っていかなくてはなりません。
計画を立てることが必要です。
キャッシングは計画的に、よく聞く言葉です。
それと同時に知識もつけておかなくてはならず情報も集めておかなくてはなりません。
消費者金融からお金を借りることはどういうことなのか、その仕組みはどのようになっているのか、利息の計算方法、返済方法の種類、返済が遅れた場合の対処など、実際に利用をしてみるとそこで初めて出てくる不安もあります。

 

多重債務には陥りたくないものです。
大きな金額ではなく短期間で返済できる金額だからこそ消費者金融を選んだのでしょう。
予定では数回程度で完済する計画ではありませんか?
それが使い方や返済の仕方によっては長期化する可能性があります。
キャッシングに対する意識で完済までの道のりは確実に変わります。
早い完済を目指しましょう。

消費者金融利用中の不安記事一覧

返済の計画が上手く立てられるようになるには?

消費者金融を利用するときには必ず計画を立てなくてはなりません。借りたお金を一括で返済できるならばそれに越したことはありません。しかしそうはいかないものです。私たちの収入は返済のためにあるのではなく毎日の生活を営むためのものです。それが一人のためのこともあれば家庭がある場合には何人もの生活を支えること...

≫続きを読む

利息はどのように計算されているの?

お金を消費者金融や銀行カードローンなどで借り入れをするとき、必ず利息が加算されます。その利息の計算方法は共通です。金利を比較する、よく聞く言葉ではありますがそれは利息のためです。しかし利息は金利だけで決まるのかといえばそうではありません。場合によっては金利の比較以上に、利息に大きな影響を与えるものも...

≫続きを読む

どんな返済方法がベスト?

サービスが充実していることが消費者金融の最大の特徴でもあります。またキャッシングの基本は返済をすることでもあります。つまり返済をするための方法が充実している消費者金融で、どのような返済方法がベストになるのかを考えてみましょう。消費者金融には返済をするための方法が豊富にあります。・口座引き落とし・店頭...

≫続きを読む

もし返済が遅れてしまったら?

もし返済が遅れるようなことがあれば必ず利用している消費者金融に連絡をしましょう。連絡をすることとしないことでは信用に大きな違いが出てきます。場合によっては融資限度額の枠の引き下げとなる事態にもなりかねません。例え1日の遅れであっても返済が遅れるとわかった時点で連絡をしなければなりません。消費者金融に...

≫続きを読む

融資限度額の増額はできる?

できれば借入残高は増やしたくはありませんが、やむに已まれず増やさなくてはならない状況でなおかつ融資限度額を超えてしまう場合があります。その時には改めて別の消費者金融に申し込みをするのではなく、増額の申請を先に検討しましょう。借り入れ先を増やすことは危険です。また新たに大きな融資限度額が決定すればその...

≫続きを読む