在籍確認は本当にあるの?

在籍確認は本当にあるの?

勤務先に消費者金融から電話がかかる、それに不安を感じる方は多いでしょう。
在籍確認とは、申込書に記入した勤務先に勤めていることを電話によって確認することです。
消費者金融は申込書に記入されている内容を確認していくよりありません。
そもそも申込者本人であるのかを確認することも重要であり、運転免許証など身分を証明するものを提出することになっています。
対面であればその確認は容易だったでしょう。
目の前にいる申込者本人と運転免許証の顔写真を比較すればいいだけのことです。
しかし現在の申し込み方法はインターネットが主流となっており、顔を確認することはできません。
そのため在籍確認のほか本人確認が行われることも少なくはありません。
本人確認とは、申込書に記入した電話番号が本人のものであるかどうかを確認するためのものです。
実際に記入した電話番号に消費者金融からの連絡があります。

 

消費者金融としてはお金を貸した以上返済されなくてはなりません。
それでは返済をするために必要なものはなんでしょうか、もちろん収入です。
収入を得るためには何が必要でしょうか、それが給与を支払う勤務先です。
だからこそ勤務先への在籍を確認する必要があります。

 

在籍確認のどこに不安があるのかをみていきましょう。
それを解決することによって安心もでき、なおかつ対応策も考えることができるはずです。

 

「消費者金融とは名乗らない」
金融庁が消費者金融などの貸金業に対して発行している自主規制ガイドラインでは、債務の事実を第三者に知らせることを禁止しています。
そのため、在籍確認であっても消費者金融の名前を名乗ることはありません。
電話を掛ける担当者が個人名で電話をしてくることになります。
ところが消費者金融を名乗らなければよいというものでもないでしょう。
職場に個人からの電話が個人あてにかかってくることが不自然な場合もあります。
携帯電話が一人一台以上となっている今の時代において、勤務先への個人の電話など少ないのは実情です。
だからといって、例えば生命保険を名乗ってほしい、などといった要望は通りません。
成りすましとして消費者金融が詐欺に抵触する可能性があるからです。
大前提として担当者が個人名で連絡をするということを覚えておきましょう。

 

「在籍確認の時間指定ができる」
審査の一つとして在籍確認が行われます。
そのため審査が始まる前、つまり申し込みの段階で消費者金融に在籍確認の時間帯について相談をすれば指定することもできます。
消費者金融も在籍確認への不安が新規顧客開拓の足かせとなっていることは十分承知の上です。
確実に本人が電話を直接受けられる時間として指定するのであれば問題なく対応をしてくれます。

 

「在籍確認なしは無い」
一部インターネットで在籍確認がない消費者金融としてモビットの名前がよく挙げられています。
これはデマです、信じてはいけません。
モビットの申し込み方法の一つとしてWEB完結がありますがその申込契約方法の場合には審査結果の連絡方法がメールのみで電話連絡なしとなっています。
今は表記の仕方が変わっていますが、少し前までは「電話連絡なし」という表現がありそれが誤解を招いたまま広まってしまったといのが事実でしょう。
先にもご説明したとおり、消費者金融は返済を確実に回収しなければならず、収入証明書提出のタイミングも総量規制によって借り入れ金額50万円もしくは100万円超のときと決められているため在籍確認でしか返済を支える就業を確認することができません。
在籍確認なしということは正規の消費者金融では例外なくあり得ないことです。