審査で調べられることとは?

審査で調べられることとは?

消費者金融に申し込みをするときに一番の不安要素は審査ではないでしょうか。
審査とはいったい何であり、そして何を調べられるのか、それがはっきりとしないからこそ不安に駆られるものです。
消費者金融の審査では大きく分けて二つのことが調べられています。
一つは信用力、もう一つが返済能力です。
信用力は個人信用情報機関への照会で行われ、返済能力は申込書に記入された収入と考えられる支出(他社からの借り入れ金額含む)から判断されています。

 

「信用力を見る個人信用情報機関」
日本に3社ある個人信用情報機関では、個人の債務情報のすべてが管理されています。
いつどこでいくら借り入れをし、返済はどのように行っているのか、その詳細が個人信用情報機関にはあります。
ただし永久に保存される情報ではなくすべての情報はそれぞれの項目によって登録されている期間が決められており一定期間を経過すると消える情報です。
消費者金融の審査では個人信用情報機関に現在と過去の債務履歴を確認し信用に足るかどうかを判断する材料としています。
よく信用情報に傷がつくという言葉を耳にするでしょう。
その信用情報とは個人信用情報機関に掲載されている情報ということです。

 

債務をすること自体が傷になるわけではありません。
例えば消費者金融に申し込みをして利用をする、それだけでは傷ではありません。
完済までにトラブルがあった、それが傷になります。
傷といえばそれほど怖いものではないようにも感じられますが実は非常に深刻な問題です。
傷は言い換えれば金融事故、ブラックです。
金融事故情報が個人信用情報機関に掲載されている間は消費者金融だけではなく、銀行カードローン、クレジットカード、携帯電話の分割ローンなどあらゆる審査に通ることはありません。
それほどに深刻な状況です。

 

それでは金融事故とはどのような事態なのでしょうか。
・3か月以上の返済の遅れ
・債務整理
・代位弁済
この3つが金融事故とされています。
数日程度返済が遅れた、それであればうっかり程度の忘れであることは容易に想像がつきます。
また口座引き落としの返済方法をとっており、その月に口座からの引き落としができずに翌月合算で引き落としとなったということあり得ることで1ヶ月の返済の遅れも無きにしも非ずでしょう。
しかし「3か月以上の返済の遅れ」ともなればそれは悪質です。
返済を放棄したといっても過言ではない状況です。
金融事故として扱われるには充分な期間になるでしょう。
法律によって債務者救済措置として設けられている「債務整理」が金融事故として扱われることが不思議に感じられるかもしれません。
債務者にとっては救済措置となるでしょう。
債権者である貸した側にとってはどうでしょうか。
残高のある返済を法律の名のもとに一方的に放棄する、そのようなことを見逃すわけがありません。
そのため債務整理も貸した側にとっては立派な金融事故となります。
「代位弁済」は聞きなれない言葉かもしれません。

銀行カードローンに申し込みをするときには消費者金融と同じく年齢と安定した収入の条件がありますがそのほかにもう一つ、保証会社による保証を受けられることというものがあります。
保証会社は保証人と同じ役割を持ちますが、債務者が一定期間(61日)返済をしなかった時には保証会社が代わりに返済をしなくてはなりません。
それが代位弁済です。
返済を保証会社が行えば返済がなくなるというわけではなく債権が保証会社に移行しただけで今度は保証会社に返済をしなくてはなりません。
その際には金利が保証会社の設定する金利に変わることも珍しいことではなく遅延損害金を含め大きな金額を返済していかなくてはなりません。
返済をせずに保証会社に代位弁済をさせた履歴は金融事故になります。

 

このように金融事故があれば審査には悪影響どころか通ることはありません。
逆に、返済を確実に行った、完済したという履歴があればそれはプラスの情報になります。
個人信用情報機関に掲載されているすべての情報がマイナスに働くわけではありません。

 

「返済能力を見る属性スコアリング」
申込書には非常に細かな項目を記入していくことになります。
本人の情報として氏名、生年月日、電話番号や住所などはもちろんのこと、勤務先に関しても、居住形態に関しても非常に細かな項目に分かれています。
勤務先に従業員が何人いるのか、それがすぐには答えられない方も少なくはないでしょう。
そこまで詳細に書かなければならない理由は、属性スコアリングにあります。
属性とはその申込書に記入する一つひとつの項目です。
その属性に対して評価をして点数をつけ、加算方式で採点を行います。
それが属性スコアリングです。

 

わかりやすいものでいえば職業があります。
もっとも評価が高いのは士業です。
弁護士や税理士、司法書士、行政書士などの専門資格を持つ職業はやはり高給であり安定もある収入があります。
次いで評価が高いのはやはり公務員です。
そこから大企業正社員、中小企業正社員、契約社員、パートアルバイトの順で評価があります。
個人事業主は非常にあいまいなところで、その経歴や収入などによって評価は変わります。

 

このように点数がつけられ、職業だけではなく居住形態や家族構成などにまで評価があります。
属性は簡単に変えることができない項目です。
これから消費者金融の審査を受けるからといってどうこうできるものでもありません。
変えることができないからこそ、審査では個人信用情報機関にある情報がどれほどきれいであるのか確認しておきたいところです。
これまでのあなたの健全な債務が今から受ける消費者金融の審査に影響をします。