消費者金融申し込みの不安

消費者金融申し込みの不安

申し込みには勇気がいるものです。
初めての消費者金融利用、そこには不安がつきまといます。
どのような対応がなされるのか、いざ申し込みをすれば手続きは動き始めます。

 

特に消費者金融を利用した理由が即日融資だった場合です。
即日融資は今では大手消費者金融で何ら珍しいことではありません。
何かしらの即日融資の方法が用意されています。
店頭窓口、自動契約機、インターネット、それぞれで即日融資のための方法がありますが今でも最も即日融資の可能性が高いのは自動契約機です。

 

消費者金融を選択した以上は借り入れる金額が少なく利用期間が短いものでしょう。
逆の場合、つまり借り入れる金額が大きく利用期間が長いものであれば消費者金融からの借り入れは適していません。
銀行カードローンなど融資限度額に応じて金利が下がる方法、そもそもの金利が低いカードローンを選択するとよいでしょう。
お金を借りると決断してから実際にお金が必要な時までは数日程度というデータがあります。
これは消費者金融や銀行カードローンなどで借り入れをする小学に限ったものではありますが、多くの方が早い決断をしなければならない状況です。
やはりお金を借りるには抵抗があるものです。
友人に電車代数百円を借りるのとは全く違ったものです。
業者からお金を借りることには不安が多くつきまとうのは仕方のないことでしょう。

 

それでは消費者金融に申し込みをする、それを逆の立場で考えてみましょう。
おのずと必要なことや流れが見えてくるはずです。

 

あなたが知り合いから借金を申し込まれた場合として考えてみましょう。
それは友人でもなく、親兄弟でもなく知り合いです。
フルネームすら知らない友人だとすれば借金の申し入れをどうするでしょうか。
通常であればもちろん断るでしょう。
しかしここは検討しなければならないことを前提としておきます。
まずは何を聞くでしょうか。
本人の情報(名前、電話番号、住所)くらいは聞くでしょう。
借りたい理由(資金使途)も確認し、希望する金額も聞くでしょう。
返済するあてを知らなくてはなりませんので勤務先や収入も確認するのではないでしょうか。
まったく知らない赤の他人にお金を貸すわけです、自己申告の内容を鵜呑みにすることはできないでしょう。
そこで共通の友人から申込者の情報を収集するかもしれません。
貸すことができるのか、信頼ができるのか判断するでしょう。
貸すと判断したとしても初対面のその相手にいったいいくら貸すことができるでしょうか。
万が一返済がなされなかったとしても被害の少ない金額に抑えるはずです。
貸した貸してないの言い争いだけは避けたいものです、最後には金銭賃借書も書いてもらうことになるでしょう。

 

どうでしょうか。
ここでの「知り合い」はあなたであり「あなた」は消費者金融です。
消費者金融はあなたの存在を知りえませんので本人であることを確認すると同時に身分を証明しなくてはなりません。
資金使途、収入、勤務先も確認されます。
そしてここでの「共通の友人からの情報収集」は個人信用情報機関への照会です。
個人信用情報機関については「審査で調べられることとは?」で詳しくご説明いたしますがそこには過去から現在の個人の債務情報が集約されています。

 

消費者金融を利用する、その時の申し込みは信頼に足るかどうかにかかっています。
それではここから申し込みの不安を解消していきましょう。

消費者金融申し込みの不安記事一覧

申し込みにはどのような方法がある?

サービスが充実していることが消費者金融の特徴です。当然のことながら申し込み方法も豊富にそろえられています。・店頭窓口・自動契約機・インターネット申し込み・電話・郵送これだけの申し込み方法を大手消費者金融では標準サービスとして用意しています。郵送申し込みには時間がかかり手間もかかりますので今回のご紹介...

≫続きを読む

審査で調べられることとは?

消費者金融に申し込みをするときに一番の不安要素は審査ではないでしょうか。審査とはいったい何であり、そして何を調べられるのか、それがはっきりとしないからこそ不安に駆られるものです。消費者金融の審査では大きく分けて二つのことが調べられています。一つは信用力、もう一つが返済能力です。信用力は個人信用情報機...

≫続きを読む

在籍確認は本当にあるの?

勤務先に消費者金融から電話がかかる、それに不安を感じる方は多いでしょう。在籍確認とは、申込書に記入した勤務先に勤めていることを電話によって確認することです。消費者金融は申込書に記入されている内容を確認していくよりありません。そもそも申込者本人であるのかを確認することも重要であり、運転免許証など身分を...

≫続きを読む