金利の比較が意味がないって本当?

金利の比較が意味がないって本当?

これほどさまざまな情報源で金利の比較を掲げているにもかかわらず、実は消費者金融を利用するときには金利を比較することに大きな意味がありません。
大前提として基本的に消費者金融は初回融資のとき、上限金利が適用されるという理由があります。
それは後々ご説明するとして消費者金融の金利を大手から並べていきましょう。

 

・プロミス 4.5%〜17.8%
・アコム 4.7%〜18.0%
・モビット 4.8%〜18.0%
・アイフル 4.5%〜18.0%
・ノーローン 4.9%〜18.0%

 

どれも一度は聞いたことがある消費者金融でしょう。
プロミス、アコム、アイフルは大手消費者金融になりますがモビットとノーローンもそれに近い場所にあります。
それでは金利を確認してみましょう。
下限を見ると4%後半が多くなっていることがわかりますが、この下限の金利はそれこそ見る必要もありません。
下限の金利が適用されることなど実際にはそうそうあることではありません。
私たちが消費者金融から借り入れができる金額で、その金利が適用されることはないでしょう。
また消費者金融の金利は適用範囲が明確にはなっていません。
銀行カードローンであれば融資限度額に応じて適用金利があらかじめ決められているものの、消費者金融の金利は融資限度額、借り入れ頻度、返済実績、増額のタイミング、さまざまな憶測は流れてはいますが実際にはどの金利が適用されるのかはわかっていません。
そもそも消費者金融で適用金利に関する情報を公開していないというのが一番の理由でもあります。
消費者金融を利用する場合、上限金利が適用されるとして計画を立てなくてはなりません。
実際に初回融資では上限金利が適用される傾向があります。

 

さて、このことを前提としてみてみると消費者金融の上限金利はどうでしょうか。
唯一プロミスが17.8%になっており他社と比べると金利が0.2%違うことがわかります。
その他の消費者金融は上限金利が18.0%に並んでいます。
ただし17.8%という0.2%の違いは大きなものではありません。
例えば10万円を30日間借り入れたとしましょう。
17.8%のときには利息は1,463円です。
18.0%のときには利息は1,479円です。
その違いがわずかでしかありません。
大きな金額を借り入れ長期的に返済していくとなれば0.2%の違いでも重要視しなくてはなりませんが、消費者金融で借り入れをする金額として0.2%の違いは騒ぎ立てるほどのことではないということです。

 

大手ではなく一般的な消費者金融であれば上限金利は20.0%に設定されていることが多くなります。
地方を中心に活動している消費者金融は特に金利の上限が20.0%です。
例えば静岡を拠点としているスルガ銀行、最近ではインターネットを通じて全国展開をしている消費者金融ダイレクトワンが有名になっています。
スルガ銀行ダイレクトワンの金利は上限が20.0%になっています。
「金利の上限が利息制限法で決まる?」で改めてご説明いたしますが、借入金額によっては上限金利20.0%も実際の利用では18.0%に変わります。
10万円未満の借り入れであれば上限金利が18.0%になるのか、20.0%になるのかその2%の違いを気にしておきましょう。
しかし借り入れ金額が10万円を超す場合にはいずれも上限金利が18.0%になることも覚えておきたい項目です。

 

それでは金利を比較するというのはどのタイミングで使うものなのでしょうか。
消費者金融は金利が上限適用と考えておかなくてはなりません。
そしてなおかつ上限金利は18.0%です。
これでは比較する意味はありません。
ところが銀行カードローンでは上限金利が適用される範囲で初回融資限度額が決まる傾向にあるものの、金利自体に消費者金融との差があります。
大手メガバンク(みずほ銀行、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行)が提供しているカードローンでは上限金利でも14.5%前後です。
年収や勤続年数の条件が厳しくなるプレミアムカードローンもあり、その時には金利が10.0%前後にまでなることもあります。
また高額融資になると金利が格段に低くなるものの少額融資では消費者金融と変わらず18.0%になる銀行カードローンもあります。
無利息期間がある代わりに通常金利が18.0%になる銀行カードローンもあります。
消費者金融を利用するときには金利の比較に意味がありませんが、銀行カードローンを利用するときには金利こそ銀行の違いとなりしっかりと比較しなくてはなりません。

 

それぞれの借り入れによって特徴が異なります。
消費者金融には消費者金融の良さがあり、銀行カードローンにもその良さがあります。
上限金利が適用される消費者金融はけっして安い金利ではありません。
短期間に返済することを心がけなくてはなりません。