学生や専業主婦の借り入れはできる?

学生や専業主婦の借り入れはできる?

消費者金融では申し込みをするための条件として「年齢(20歳以上65歳未満程度まで)と本人に安定した収入があること」としています。
就職をしており正社員として基本給のある給料を受け取っているのであれば何も問題はないでしょう。
しかしそれ以外の場合、例えば学生や主婦はどのようになるのでしょうか。

 

本人に安定した収入があること、それが消費者金融の申し込み条件では大前提になっています。
そのため学生でも主婦でもアルバイトやパートによって収入を得ているのであれば問題はありません。
しかしそこに収入がないのであれば申し込み条件はクリアできていないことになります。

 

実際には貸金業法で配偶者貸付を認めています。
配偶者貸付というのは本人に収入がない専業主婦でも配偶者の収入を審査対象として借り入れができるというものです。
名義は専業主婦、その中身は配偶者といった方がわかりやすいでしょう。
貸金業法での配偶者貸付は各消費者金融の基準に準ずるとなっており、現在の消費者金融では配偶者貸付が行われていることはありません。

 

学生も20歳以上であることとアルバイトによる安定した収入があることが申し込み条件となっており、主婦も20歳以上であることとパートなどによって安定した収入があることが利用の条件となっています。
つまり専業主婦は消費者金融からの借り入れができない、ということです。
しかし専業主婦がどこからも借り入れができないのかといえばそうではありません。
配偶者貸付を行っている銀行カードローンはいくつかあります。
例えばメガバンクで知られるみずほ銀行や三菱東京UFJ銀行のカードローンでは限度額30万円の範囲内で専業主婦も借り入れが可能となっています。
配偶者に秘密の借り入れはできません。
配偶者の収入が審査の対象となりますので、配偶者の個人信用情報機関に照会がかけられ、さらには在籍確認も配偶者の勤務先に行われます。
それでも専業主婦が借り入れをしたい理由はなんでしょうか。

 

家庭の事情で少額のキャッシングをしたいとしても収入の軸となる配偶者名義での借り入れはしたくない、そんな理由もあります。
例えば将来設計として大型ローンを考えている場合です。
住宅ローンやマイカーローンなど大型の借り入れをするときには現在あるカードローンは完済していることが審査に通るための秘訣の一つです。
そのため配偶者名義で住宅ローンなどの予定を考えている場合、現在の少額のキャッシングを配偶者名義で行うのではなく専業主婦の名義で行っておきたいという考えは非常に多くなっています。
そのような事情がある場合、消費者金融だけに目を向けていたとしても見つかるものではありません。
銀行カードローンにこそ専業主婦が借り入れできるカードローンがありますので探してみるとよいでしょう。